プラセンタの種類や選び方について

プラセンタの種類や選び方について

 

プラセンタって色んな種類のものがあります。例えばヒト由来のもの、豚、馬、羊、などです。また海洋性プラセンタに植物性プラセンタなんかもあります。

 

普通に考えれば人間が使うのならヒト由来のものが良いと思いますよね。

 

でも扱い方が難しかったり、コストがかなり高かったりと躊躇する面もあります。では豚プラセンタと馬プラセンタって何が違うのってことになります。

 

豚プラセンタと馬プラセンタと羊プラセンタの違い

私達人間が現在使っているプラセンタは豚、馬、羊がほとんどです。ではその違いって何なのでしょう。

 

馬プラセンタ 羊プラセンタ 豚プラセンタ
安全性 血統、品質管理、栄養管理が徹底しているので良い BSEが発生している国の羊かチェックが必要 日本SPF豚協会が定めた国産プラセンタが良い
アミノ酸について アミノ酸の含有量が豚の1.2倍〜1.5倍 人に近いアミノ酸組成
価格 普通 高い 安い

 


海洋性プラセンタと植物性プラセンタは胎盤は存在しません。アミノ酸やコラーゲン、ヒアルロン酸などの栄養成分は存在しますがプラセンタの持っている成長因子は含まれていません。